Tポイントを貯める方法を徹底解説!Tポイント還元クレジットカードの比較やTカードの活用術などをご紹介

Yahoo!JAPANカードの国際ブランド選択による違いとは?

JCB、MasterCard、VISA
どれを選ぶのが一番お得なの?
国際ブランドの選択による違いについて

Yahoo!JAPANカードは3種類の国際ブランドから選択できます

Yahoo!JAPANカードは3種類の国際ブランドから選択することができます。

Yahoo!JAPANカード国際ブランドの選択より

Yahoo!JAPANカードを申込する際には、3つの国際ブランドから一つだけを選択して申込をします。左から、JCB(ジェーシービー)、MasterCard(マスターカード)、VISA(ビザ)という順番で並んでいます。一枚のカードで複数の国際ブランドを選択することはできません。どの国際ブランドがお得なのか?具体的な違いなどはあるのか?国際ブランドの基本的な部分から合わせてご紹介します。

国際ブランド選択の際にはこちらをチェック
Yahoo!JAPANカードにおける国際ブランド選択のポイント!

国際ブランドについて

国際ブランドとは?

国際ブランドとはクレジットカードの決済機能を提供する企業です。お店のレジなどに「JCB」「MasterCard」「VISA」などの看板があるのをみたことありませんか?これはお店が対応している国際ブランドの種類であり、掲載のあるクレジットカードブランドだけ利用することができます。世界の5大国際ブランドと言われているのが(VISA・ MasterCard・JCB・AmericanExpress・Diners Club)であり、Yahoo!JAPANカード(株式会社ワイジェイカード)の場合は、このなかの3社(VISA・ MasterCard・JCB)から選択することができます。

国際ブランド選択によるカード審査の難易度に違いはあるの?

Yahoo!JAPANカードは国際ブランドの選択は審査には”ほぼ”影響しないと考えていいでしょう。Yahoo!JAPANカードは、どの国際ブランドを選択した場合でも、全て「株式会社ワイジェイカード」が入会審査をするためです。国際ブランドは、あくまでも決済機能を提供しているだけなので、カードの運用管理などには大きく影響がないためです。※国際ブランドの選択により、カード発行元が変わるクレジットカードの場合には、国際ブランドの選択により審査の難易度も変わる場合もあります。例:リクルートカードなど。

国際ブランドのシェア率を比較する

同じYahoo!JAPANカードでも、国際ブランドの選択によって利用できる場所の数が違います。世界中(海外)で利用できる場所が一番多いのが「VISA」であり、次に多いのが「MasterCard」です。「JCB」は日本初の国際ブランドなので、海外での加盟店数は2社よりも大きく劣ります。国内での利用場所に関しては「VISA」と「MASTERcard」が同程度であり「JCB」が若干少ないようですが不便に感じるほどではありません。海外での利用を想定するならば「VISA」もしくは「MasterCard」がおすすめですが、国内での利用だけに限定するならば、どの国際ブランドを選択しても利用場所に関しては、あまり変わりがないというのが現状です。

参考データ:国際ブランド売上高のシェア率(2013年)

visa(48.5%),MasterCard(31.7%),UnionPay(8.9),Amex(8.2%),JCB(2.5%),Diners(0.2%)※UnionPay(ユニオンペイ)とは中国の銀聯(ぎんれん)カードのことです。驚異的に利用シェアを伸ばしていますね。
参照元:ニルソンレポートhttp://www.nilsonreport.com/publication_special_chart.php

Yahoo!JAPANカードにおける国際ブランド選択のポイント!

国際ブランドの選択は電子マネーのチャージを考慮する

国際ブランドの種類によって、電子マネーにチャージできるもの、できないものが存在します。ポイント還元も受けられるため、対応していたほうが”お得”なクレジットカードだと考えられますね。下記に電子マネーの対応をまとめてみました。※2015年9月時点

国際ブランド
nanaco
au WALLET
Tマネー
JCB
ポイント還元
未対応
対応
MasterCard
未対応
ポイント還元
対応
VISA
未対応
未対応
未対応

その1.
JCBのみnanacoチャージでポイントがもらえる

Yahoo!JAPANカードでは「JCB」を選択した場合にのみ、nanacoへのチャージで1%のTポイントがもらえます。「MasterCard」「VISA」を選択した場合には、nanacoチャージ自体ができません。nanacoカードは公共料金・税金などの支払いに、非常に人気の高い電子マネーです。※公共料金・税金の支払いではnanaco自体にはポイントはつきませんが、nanacoにチャージした時点でポイント還元があるためお得になります。

その2.
MasterCardのみau WALLETチャージでポイントがもらえる

Yahoo!JAPANカードでは「MasterCard」を選択した場合にのみ、au WALLETへのチャージがポイントがつきます。「JCB」「VISA」を選択した場合には、au WALLETへのチャージ自体ができません。

その3.
Tマネー機能はJCB、MasterCardのみ

Tマネー機能がついているのは、JCB、MasterCardのみ。VISAだけ機能がありません。Tマネー機能は、現金で支払うよりもTポイントが貯まるというメリットはありますが、Yahoo!JAPANカードの場合には、クレジットカードなのでTマネー機能を利用するケースは少ないため、選択要素として低めです。

Tマネーとは?
「Tマネー」は、お持ちのTカードにチャージして利用できる電子マネーです。日ごろのお買いもので、Tマネーを利用すれば、小銭いらずでより便利!さらにTポイントも貯まってよりお得!参照元:http://tsite.jp/pc/r/tmoney/

スポンサーリンク

Yahoo!JAPANカードに関する記事

Tポイントを効率よく貯める方法まとめてみました

Tポイントを活用する上で、これだけは絶対に覚えておきたい!という情報をまとめてみました。Tポイントを貯めるための基本的な部分から、還元率の高いお店での買い物のコツや裏ワザ、無料でTポイントを貯める方法などを総合的にご紹介します。>>続きはこちら

こちらのカードも新規入会キャンペーン開催中!

合わせてチェック!超定番・年会費無料のクレジットカード
▼楽天カード[年会費無料]
▼イオンカード[年会費無料]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

日本一Tポイントが貯まるカード

新規入会イベント開催中!
入会金・年会費!もちろん無料!

Tポイントが貯まる・使える!

Yahoo!ショッピング
LOHACO
日用品が安い!話題のネットショップ

Tポイントが使える写真プリントサービス

Tポイントが貯まる写真プリントサービス。Yahoo!JAPANIDでログイン可能です。

Tポイントが貯まるカード

Tポイント還元率NO.1のカード。Yahoo!JAPANやLOHACOでの利用特典が豊富!
TSUTAYAの会員証とクレジット機能が一体化したクレジットカードです。年一回の利用で年会費無料!

ファミリーマートでの買物が一番お得になるクレジットカード。今ならファミマTカードで最大4,000ポイントもらえるキャンペーンを開催中!詳細はこちら:ファミマTカード

スポンサーリンク

PAGETOP
Copyright © 本気のTポイント活用ガイド! All Rights Reserved.